四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

このようなお悩みはありませんか?

  • 肩周りが動かしにくい
  • 手が後ろに回らない
  • 肩を動かすとゴキゴキと音がする
  • 腕を上げると肩が痛む
  • 肩が痛くて眠れない
  • 痛みはないが腕が上がりきらない
  • 後ろの物を取ることができない

 

五十肩とは?

四十肩の男性

通常、四十肩・五十肩と呼ばれる病気は、正しくは「肩関節周囲炎」と言います。

何が違うのかというと、発症する年齢が違うだけで基本的には同じ病気です。

その名の通り中高年に多く、ほとんどの場合は時間が経つとともに症状は緩和していきますが、対処方法を間違えてしまうと重症化してしまいます。場合によっては他の病気が原因で痛みが起きていることもあるので、適切な処置が早期回復のためには欠かせません。

 

症状

腕を上げたときや、夜寝ているときに痛みが出やすいのが特徴です。

動かすと痛むため、安静にしすぎることで関節の拘縮につながります。

拘縮とは、関節周囲の組織が固まることで、動かすことができる範囲が狭まってしまう状態です。

これにより、背中に腕をまわして下着のホックの付け外しをする、髪を結ぶといった結帯(けったい)動作が難しくなります。

 

四十肩・五十肩と似た疾患

 

似たような症状で、医療機関に行かず自己診断をしてしまうと実は怪我をしていたという場合もあります。心当たりのある方は一度診断を受けに行きましょう。

 

腱板断裂

  • 腕を上げ下ろしするときに、痛みや引っ掛かりがある。 
  • 反対側の腕で痛い方の腕を持ち上げればあげることができるが、自力で上げようとすると、痛くてあげれない。
  • 特に運動時や夜中に肩が痛む

 

石灰沈着性腱炎

  • 40〜50才代の女性に多い症状
  • 夜間に突然痛みが出てくるのが特徴
  • 腕が痛くて上げれない
  • 常に疼いて痛い

 

肩峰下滑液包炎

  • 腕を上げると痛くて上げれない
  • 夜中に痛みが強くなる

 

上腕二頭筋腱長頭腱炎

  • 重いものを持ち上げる際に肘を曲げると痛い
  • 投球動作をすると痛みが出る

 

これらも大きなくくりで五十肩と言われることもあり、似た症状もありますが、それぞれ痛めている筋肉や原因などは違うので、治療方法が変わります。なので誤った治療を行うと症状が長引いたり悪化したりしてしまいます。安易に「肩が痛くて上がらんからから四十肩・五十肩や」とは思わない様にしてください。しっかりとした判断を受けるには病院での検査が必要となります。

 

「急性期」と「慢性期」と「回復期」に分けられる四十肩・五十肩

「急性期」

突然肩周辺が痛くなった、これが急性期の四十肩・五十肩です。

指先までしびれるような激しい痛みが数日間から数週間ほど続くのが特徴です。そのせいで、腕をあまり動かそうとしないので、肩関節の可動域が小さくなったりします。

この時期は安静にしていても痛みが出たり、夜間に痛みが強くなったりします。そのせいでなかなか寝れなかったりしてより、回復が悪くなったりします。

その後、急性期から慢性期に入り、鈍い痛みを伴い肩を動かしにくい日が続きます。

 

「慢性期」

痛みは徐々に軽減しますが、動かすと痛みはあるので肩関節の可動域は小さいままです。

夜間痛もマシにはなってきますが、寝返りの際などの痛みはまだ残っている状態です。

 

「回復期」

痛みはさらに軽減され、肩関節の可動域も元に戻りつつありますが、この時期になるまでに半年、人によっては1年かかる方もおられます。

 

四十肩・五十肩の原因

 

四十肩・五十肩になってしまう原因は肩関節に負荷かかかりすぎていることで発症しますが、40代・50代の方が全員なるかというと、そうではないですよね?

四十肩・五十肩になる方とならない方との違いは何だと思いますか…?

 

実は、「不良姿勢」が大きく関係しています。

不良姿勢でも巻き肩・猫背の状態で、日々の生活で肩関節に負荷をかけ続けていると、それがやがては四十肩・五十肩につながってきます。

 

巻き肩

巻き肩は、肩甲骨が外に開いて固まった状態です。

横から見ると猫背姿勢になっています。なぜ、肩甲骨が外に開いて固まってしまうのかと言いますと、人の目は顔の前についています。そのせいで、何か作業をしようとする際には腕を前に出す事ばかりで、逆に手を後ろに回すのは、背中が痒い時ぐらいしかしませんよね。あと、腕を動かす時には連動して肩甲骨も動くので、腕を前に出す動作ばかりを繰り返し行うと肩甲骨は常に外に開いた状態になってしまいます。それを何年も繰り返し行うと肩甲骨が開いた状態で固まってしまいます。

腕を前に出す動作

  • パソコン
  • 洗濯
  • 料理
  • 洗い物
  • 子供の抱っこ
  • オムツ替え
  • 車の運転

など数え切れないほどの動作をします。

毎日、この様なことを何年も繰り返し行なっていると、肩甲骨が外に開いていてもおかしくはありません。

 

猫背

今現在、パソコンを使ってのお仕事が当たり前の時代になってきましたね。

仕事や自宅でもパソコンを使い、背中が丸くなっている心当たりはありませんか?

パソコンを操作する時は座って操作しますよね?でも、パソコンの画面が目線より下にあるのでどうしても下を向かないといけません。その状態で何時間・何日もパソコンを操作すれば必然的に背中は丸くなります。背中が丸くなるということは、頭部が前に出てしまうので余計に巻き肩も酷くなってきます。そうなると、スマホ首や巻き肩と同じ様に、肩や首の筋肉に負荷がかかりやすくなるので肩こりなどになりやすくなってしまいます。

 

猫背になってしまう原因は、座り方にも問題があります。

椅子に座る時、しっかり奥までおしりを乗せて座っていますか?

浅く腰かけた状態で座っていませんか?

電車の中などでは浅く腰をかけて座っている方を多く見かけます。

浅く腰をかけてしまうと背中と背もたれの間に隙間ができてしまい、その状態でもたれてしまうと背中が丸くなってしまいます。その座り方が癖付いてしまうと常に背中が曲がり猫背状態なので座っていても肩や首に負担がかかってしまいます。なので座る際にはお尻を奥のほうに置いて背もたれにもたれ、背中が曲がらない様に心がけてください。

 

 

肩関節の構成

なぜ、巻き肩・猫背になると四十肩・五十肩になりやすくなるのか?

それには、肩関節の構造が関係しています。

肩関節は腕の骨と肩甲骨と鎖骨で構成されています。

腕の骨の頭の部分が肩甲骨のくぼみの部分にはまり込む構造になっていて、それを肩甲上腕関節、一般的に肩関節と言います。しかし、肩関節は股関節の様にくぼみの部分に完全にはまり込んではいません。これは肩甲骨の構造上仕方のないことで、腕の骨と肩甲骨を繋げているのは靭帯・関節包・筋肉がつなげている状態です。

なので、正常な状態でも肩関節のまわりの筋肉には負荷がかかりやすい状態です。

それが、巻き肩・猫背などになってしまうとさらに負荷がかかってしまうので、四十肩・五十肩になってもおかしくないです。

肩まわりの筋肉

  • 僧帽筋
  • 肩甲挙筋
  • 肩甲下筋
  • 棘上筋
  • 棘下筋
  • 小円筋
  • 大円筋
  • 大胸筋
  • 小胸筋

この様に多くの筋肉が肩関節に関係していますが、まだまだたくさんあります。首や腕まで含むともっと多くの筋肉があります。

これらの筋肉のどれか一つでも損傷してしまうと、バランスが悪なり他の筋肉まで悪い影響が出てしまいます。

その状態で何年も肩を酷使していればやがては四十肩・五十肩になってもおかしくありません。

 

姿勢が悪くなる原因

不良姿勢になると四十肩・五十肩になりやすくなると説明しましたが、ではなぜ不良姿勢になってしまうのか?

それは「骨盤の歪み」が関係しています。

頸椎や肩甲骨・背骨は骨盤によって支えられています。その土台となる骨盤が歪んでしまうと、支えられている頸椎・肩甲骨・背骨はバランスが悪くなり姿勢が悪くなってしまいます。

 

では、骨盤が歪んでしまう原因は何だと思いますか?

骨盤が歪む原因

骨盤が歪んでしまう原因には日常生活の体の使い方が関係しています。

  • 座る時に足を組む
  • 鞄をいつも同じ肩にかける
  • 信号待ちなどで立っている時に片側に重心を乗せる
  • スーパーで買い物をした時に袋をなるべく1つにして、片手で荷物を持つ
  • 家でテレビを見る時など、座る位置が定着していて、いつも斜めに見ている

などのこれらの悪い動作を毎日続けて行うことで、骨盤は少しずつ歪んでいきます。

ですが、これらの動作は皆さん意識をせずに、無意識で行っているものです。

人は当たり前の様に体を動かしていて、いちいち意識をして体を動かす事がありません。ですが、その体の動かし方が悪いと骨盤が歪んでしまって姿勢が悪くなり、姿勢が悪くなったことでまた骨盤が歪んでまた姿勢が悪くなると言った悪循環が生まれます。

それが続くと少しずつ筋肉や関節に負荷がかかり、やがては「特に急に捻ったり、ぶつけたりしていないのに痛いな」などと原因が分からない痛みが出てきます。

そうならない為にも、普段、自分がどの様にして体を動かしているのか?を一度意識してみてください。

 

骨盤の歪み度チェック

□足を組んでいないと、座り心地が悪い

□歩いているとスカートが回る、ズボンがずれる

□靴の底をチェックすると、外側がすり減っている

□慢性的な肩こり・腰痛がある。もしくは、腰痛が頻繫に出る

□冷え性である

□生理痛がある(男性はチェック不要です)

□足や顔がむくみやすい

□食事中に物を噛むとき、左右どちらかに偏っている

□真っすぐ立った姿勢

 →肩や骨盤の左右の高さが異なる

□足を伸ばして仰向けに寝た姿勢

 →足のつま先が、真上ではなく外側に向く

 

チェックが多くなるほど歪みの度合いも大きいと言えます。

☑2つ以上

 →軽度の歪みがあり、放置すると悪化する可能性があります。

☑4つ以上

 →歪みが進行しているため普段の日常生活を見直し、改善する必要があります。

  姿勢を意識し、マッサージやストレッチといったケアを行わなければ

  歪みがさらに進行する可能性が高いです。

☑7つ以上

 →重度の歪みがあり、頭痛やめまいといった不調がすでに出ている場合もあります。

  放置すると内臓にも影響を及ぼすこともありますので、早めの診察をオススメします。

 

歪みの度合いが大きくなるとともに、身体に及ぼす悪影響もさらに大きくなります。

また、骨盤が歪んだ状態を放置するほど

歪みを矯正するのにかかる期間も長引いてしまいます。

痛くなるたびにその都度治療院に通うのは、

結果的にお金と時間の無駄になるため、

根本の原因を断つためにも早めの矯正治療をお勧めします。

 

一般的な対処法

・マッサージ療法(筋肉の緊張を緩める)
・寒冷療法(炎症を抑える)

・温熱療法(炎症が治まってから、血液循環を良くする)
・電気療法(筋肉の緊張を緩める)
・薬物療法(湿布、ブロック注射など)
 
病院ではまず、レントゲン撮影やMRI検査を行い、関節の何に原因があるのかを探ります。
 
治療としては、注射や湿布での対処が一般的です。
 
痛みが落ち着いた後も拘縮が残るため、治癒には数年かかると言われています。
 
また、拘縮が強い場合には凍結肩と言われ、酷い場合には手術が行われることもあります。
 

これらの対処法で肩関節周囲炎がなかなか改善しない理由

治癒に数年かかる理由。
それは、肩関節周囲炎の原因には先ほども言いましたが、姿勢も関係しているからです。
炎症反応は筋肉が出しているので、筋肉の治療・改善も必要ですが、それだけでは改善されません。
骨盤の歪みによって、不良姿勢になり肩関節にかかる負担は増します。
その骨盤の歪み→不良姿勢→肩関節への負担の元の部分=骨盤の歪みを整えない限り、不良姿勢は改善できないので、肩関節には負荷がかかりっぱなしになり、症状の改善がなかなか出来ません。
これらの改善には骨盤の歪みを整える、骨盤矯正が必要となります。
 

当院の施術方針

当院では、四十肩・五十肩の根本の原因である骨盤を整え姿勢改善を目的として、骨盤矯正を行っていきます。

筋肉に対しての治療はもちろん、骨盤の歪みがあると、背骨のバランスも乱れ、肩甲骨の位置も正しい位置からズレてしまいます。土台が歪んでいれば、どんなに姿勢を正そうとしても本来の正しい綺麗な姿勢をとることはできません。骨盤が正常な状態であれば、肩甲骨周りの筋肉や組織にかかる負担を軽減することができます。

結果、肩関節周囲炎の治癒にかかる期間をより短縮させることにつながるのです。

当院では、ボキボキしない”ソフトで優しい骨盤矯正”を行います。

体への負担が少ないので、女性やお子様にも安心して受けていただくことができます。

当院の四十肩・五十肩の方に対しての骨盤矯正は、骨盤のみを整えるのではなく、背骨・肩甲骨・頸椎の歪みもしっかりと整えます。骨盤だけが元の状態に戻っても、他の部分、肩甲骨や背骨・頸椎などに歪みが残っていたり、動きが悪かったりすると、またそこから骨盤が歪んだり、肩関節に負荷がかかってしまうので当院ではそうならない為に、骨盤のみではなく、お体全体を見させていただきます。

 

肩関節周囲炎に悩み苦しんでいるあなたへ

五十肩、四十肩になると、まず痛みが出て、動かせる範囲が狭まります。

今までできていたことに支障が出るのは辛いことですよね。

しかし、これは発症してしまうと誰もが通る道です。

治癒には数年かかると言われていますが、きちんと治療すれば早く解放されます。

当院では、一刻も早い完治を目指すため、根本からの治療を行います。

悩まれている方は是非一度、当院にご相談くださいませ。

 

お客様の声

頭痛や肩こりで悩んでいました

お客様の声1の写真

ずっと前から頭痛や肩こりで悩んでいて、しんどい時はマッサージ屋さんで揉んでもらって何とか過ごしていましたが、骨盤矯正を受けてからは、マッサージ屋さんに行く回数が減りました♪

長年肩こりに悩まされていました

お客様の声2の写真

何年も肩こりで悩んでいて、ひどい時は頭痛までありました。 まだ数回ですが、骨盤矯正を受けてからは、頭痛が出なくなり肩も楽になっています! 説明も丁寧で分かり易かったです。

肩こり・頭痛

お客様の声3の写真

10年前から肩こりや頭痛に悩んでいました。 施術を受けるとだいぶ良くなります。 これからも通います♪

施術の流れ

  • お問い合わせ・ご予約

    1. お問い合わせ・ご予約

    お電話や受付でご予約をお取りください。

    できるだけお待たせしないように、予約優先制としております。

  • 問診

    2. 問診

    症状やお悩みを詳しく聞かせていただきます。

    お体の状態をしっかりと把握することで、症状の原因をつきとめ根本改善できるようにいたします。

  • 施術

    3. 施術

    症状に合わせた施術を行います。

    問診をしっかり行うことで、お身体に余計な負担をかけずに症状を改善することができます。

  • 施術

    4. 今後の説明

    今後の施術方針などを丁寧に説明させていただきます。

    分からないことがあれば、何でもご相談ください。

  • お問い合わせ・ご予約

    5. 次回のご予約

    お帰りの際に次回のご予約をしていだたいてます。

    ご予定が分からない場合は、後日お電話などでご予約いただければ大丈夫です。

当院のご案内・アクセス

院名
大阪西区針灸整骨院
住所
〒550-0014
大阪市西区北堀江2-1-2
電話番号
06-6539-0117

アクセス方法

  • 長堀鶴見緑地線「西大橋」駅3番出口を出てすぐ
  • 御堂筋線・四ツ橋線「四ツ橋」駅から徒歩4分
  • 千日前線「西長堀」駅から徒歩7分

診療時間・定休日

 
9:00~13:00
16:00~20:00 ×
休診日:日・祝

ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡ください

LINEお問い合わせの流れ・無料相談について

LINE友だち追加

初回限定キャンペーン

ページトップに戻る

LINEで予約
電話をかける