骨盤矯正

このようなお悩みはありませんか?

  • 姿勢が悪い
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない
  • よく寝たはずなのに、疲れが取れない
  • O脚など足の痛みに困っている
  • お尻のたるみ、下半身太りが気になる
  • 代謝が悪く、太りやすい
  • 冷え性やむくみに悩んでいる
  • 生理痛や生理不順がある

 

骨盤のことなら、骨盤矯正専門院の当院にお任せください!

綺麗な骨盤は、美と健康に欠かせません。背骨・骨盤矯正施術のイメージ

 

当院には、10年以上の実績があります。

お子様や産後の骨盤矯正もお任せください!

 

目次

 

 

骨盤は身体の要となる土台

・骨盤の上には背骨

・骨盤の下には大腿骨

・骨盤の中には大切な臓器

骨盤は体の中心部分で、その周囲を筋肉靭帯によって支えています。

骨盤が歪むと全身にストレスがかかるため、骨格、筋肉、内臓への多大な影響を及ぼし、様々な症状を引き起こします。

 

あなたの骨盤は歪んでいる?歪み度チェック

今この文章を読んでいるあなたは、「自分の骨盤は絶対に歪んでいない!」とは言い切れないからこそ、このページを見てくださっているのだと思います。まずは自分自身の体について知る必要があります。早速、骨盤の歪みをチェックしてみましょう!!

 

骨盤の歪み度チェック

□足を組んでいないと、座り心地が悪い

□歩いているとスカートが回る、ズボンがずれる

□靴の底をチェックすると、外側がすり減っている

□慢性的な肩こり・腰痛がある。もしくは、腰痛が頻繫に出る

□冷え性である

□生理痛がある(男性はチェック不要です)

□足や顔がむくみやすい

□食事中に物を噛むとき、左右どちらかに偏っている

□真っすぐ立った姿勢

 →肩や骨盤の左右の高さが異なる

□足を伸ばして仰向けに寝た姿勢

 →足のつま先が、真上ではなく外側に向く

 

チェックが多くなるほど歪みの度合いも大きいと言えます。

☑2つ以上

 →軽度の歪みがあり、放置すると悪化する可能性があります。

☑4つ以上

 →歪みが進行しているため普段の日常生活を見直し、改善する必要があります。

  姿勢を意識し、マッサージやストレッチといったケアを行わなければ

  歪みがさらに進行する可能性が高いです。

☑7つ以上

 →重度の歪みがあり、頭痛やめまいといった不調がすでに出ている場合もあります。

  放置すると内臓にも影響を及ぼすこともありますので、早めの診察をオススメします。

 

歪みの度合いが大きくなるとともに、身体に及ぼす悪影響もさらに大きくなります。

また、骨盤が歪んだ状態を放置するほど歪みを矯正するのにかかる期間も長引いてしまいます。

痛くなるたびにその都度治療院に通うのは、結果的にお金と時間の無駄になるため、根本の原因を断つためにも早めの矯正治療をお勧めします。

 

骨盤の歪みを放置しているとどうなるの??

骨盤が歪んでいるということは、

地盤がぐらぐらな土地で、大黒柱が曲がった家に住んでいるようなもの。

骨格の歪みは、連鎖します。

土台である骨盤が歪むと、

柱である背骨が曲がり、

家具である内臓の位置もバラバラになり

身体全体のバランスが崩れます。

土台が歪んだ家は、耐久年数が短いですよね。

人間の体も同じで、限界を迎えると痛みやだるさ、内臓の機能低下などの不調を来します。

近年では「骨盤が大事!!」と言われ、骨盤が歪んでいるかも…と思っている方も増えてきています。

しかし、骨盤の歪みと身体の悩みに関連性があるとは知らずに放置してしまっている方が多いのが現状です。

歪みがあるのに何も対策を行っていないと、さらに歪みが大きくなる一方です。

 

・骨格全体がゆがみ、骨にくっついている筋肉にストレスがかかる

・血流が悪くなり、頭痛冷えを引き起こす

・肩や腰、膝などの痛みやだるさが出る

・内臓のはたらきが悪くなる

・代謝が悪くなり、太りやすく痩せにくい体質になる

・リンパの流れが悪くなり、むくみやすくなる

 

歪みを放置していると、このような悪影響を及ぼします。

毎日同じ部分にばかり負担がかかる体の使い方をしてしまい、

・過度なストレスによる筋肉の疲労による痛みだるさ

・使われていない筋肉の筋力低下

にもつながるのです。

 

骨盤の歪みこそが、身体の不調の根本的な原因

身体の痛みやだるだは、程度の差はあれど辛いものですよね。

少しでも症状を緩和させたくて、整骨院やもみほぐしに行ったことのある方、

このような経験はありませんか??

『マッサージや電気治療を受けると、その時は身体がすっきりして症状が改善する。

だけど、時間が経つと同じ症状がぶり返し、またマッサージを受けに行く…

『病院では湿布や痛み止めの処方のみで、一時的には症状が抑えられる。

薬の効果が切れるとまた同じ症状が出て、薬をもらいに行く…

残念ながら、このような方法で症状を緩和させることは、その場しのぎの一時的な対処法でしかありません。

 

根本的な原因を取り除かない限りは、永遠にぶり返し続けることになります。

 

お金も時間も無駄にして、辛い症状に悩みながら過ごす日々…

いつまで続けたいですか??

一刻も早く、辛い症状の早期回復を望まれるのであれば、根本的な原因を知り、改善する必要があります。

 

腰痛を引き起こす原因

腰の筋肉は骨盤にくっついています。

骨盤が歪んだ状態では姿勢が悪くなるため、筋肉が引っ張られたり、捻じられたり、縮こまったりした状態を強いられます。

不要なストレスが筋肉にかかったまま日常生活を過ごすことで筋肉は緊張し、筋肉の間を通っている血管が圧迫されて血流が悪くなります。

血流が滞ると必要な栄養が運ばれず、不要な老廃物は溜まるため慢性的な腰痛ぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

 

腰痛を根本から改善するには、

骨盤を本来の位置に戻し、血行を促進する必要があります。

 

首・肩こり、頭痛を引き起こす原因

背骨は、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個の計24個の骨が積み重なって構成されています。

その土台となっている骨盤が歪むことで24個もある背骨はそれぞれ均衡を保つことができなくなり、本来ある位置からはズレて猫背になってしまいます。

身体の軸となる背骨の位置が綺麗であれば、頭の重みを支えるのに力は要りません。

しかし、猫背になると頭の重みを支えることができず、首や肩の筋肉に頼ることになります。

本来は使う必要がない労力を常に強いられることで筋肉の疲労が溜まり、首の痛みや肩こりを引き起こしてしまうのです。

また、首まわりの固くなった筋肉が頸椎を引っ張ってしまい、さらに歪みを悪化させ、ストレートネックに発展することもあります。

血行不良で脳に必要な酸素が十分に行き渡らないため、頭痛に発展してしまうだけでなく、自律神経の乱れにより、めまいを引き起こすことも…。

そのため、いくら筋肉を緩める治療を行っても姿勢を改善しない限りは肩こりや頭痛が再発してしまいます。

 

根本から改善するには、骨盤を整える必要があるのです。

 

骨盤と自律神経の密接な関係

骨盤が歪むと背骨も歪むため、背骨と密接な関わりがある自律神経は乱れやすくなります。

・緊張しているときの交感神経

・リラックスしているときの副交感神経

この2つの神経が互いにバランスを取り合っているのが自律神経です。

必要な場面に応じて交感神経と副交感神経のどちらかが優位になり、心臓の拍動や血圧、消化管の動き、呼吸などをコントロールしています。

近年では、ストレス過多により交感神経が優位になりがちです。

自律神経が乱れると、この2つの神経の切り替えが上手くできなくなります。

 

自律神経の乱れによる悪影響

・睡眠の質が下がる

人間は本来、リラックスしているときに熟睡できるものです。

交感神経が優位なままでは、

・寝つきが悪い

・眠りが浅い

・途中で目が覚める

といった悩みにつながります。

睡眠の質が悪いと、眠っているときの回復力も落ちるため、朝起きても「何だかすっきりしない…」ということになりがちです。

 

・腸のはたらきが悪くなり、便秘になる

消化器の活動は、副交感神経が優位でリラックスしているときに活性化されます。

ストレスが多いと、コロコロとした便が出ることも多いです。

 

・呼吸が早く、浅くなる

骨盤の歪みによる血行不良が起こると、酸素をたくさん求める必要があるので呼吸が早くなります。

また、自律神経を整えるのに唯一意識できるのが呼吸です。

「自律神経を整えるには、深呼吸が良い」

と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、大抵の人は意識して深呼吸を行ってすら、十分な深い呼吸をできていません。

骨盤の歪みによる姿勢不良のために肋骨の動きが悪くなり、吸い込める空気の量も減るため、呼吸が浅くなりがちなのです。

呼吸が浅いと、さらに酸素が不足する

→また呼吸が早くなる

→交感神経が優位になる…

という負の連鎖に陥ります。

 

新鮮な酸素を十分に取り込めず、脳が酸欠状態に陥ると

・集中力が下がる

・本来眠るべき時間でないとき(勉強中や仕事中)に眠くなる

・頭痛

などを引き起こします。

 

・四肢末端が冷える

交感神経が優位であるということは”戦闘モード”であるため、より酸素を求めます。

心臓や脳といった重要な器官に優先して血液を巡らせる必要があるため、手先足先の血液循環は後回しにされます。

冷えている部分をどんなに温めても交感神経が優位なままでは、またすぐに冷えてしまいます。

 

骨盤と美容の密接な関係

骨盤は、女性にとって特に重要な部分です。

骨盤が歪み、開くことで姿勢が悪くなるだけでなく、内臓下垂につながり何と美容にまで悪影響を及ぼします。

 

ご飯を食べた後に下っ腹が出る方は要注意!!

 

いずれか一つでも当てはまる場合には、骨盤の歪みがある可能性が高いと言えます。

 

肌トラブル

・吹き出物、にきび

内臓下垂になると、本来はもっと上にあるはずの臓器の重みを受けて腸が圧迫されることで、腸のはたらきが悪くなります。

また、姿勢が悪くなることで自律神経が乱れるため、消化器官の活動は抑制されてしまいます。

これらの要因によって、腸の蠕動運動が遅くなり便秘につながるのです。

便秘になると、腸内に溜まっている有害物質が血液によって全身に運ばれてしまいます。

この有害物質が、吹き出物やにきびを引き起こしてしまうのです。

たとえ高い化粧水や美容液を使って肌トラブルが落ち着いたとしても、腸内環境が良好でなければ根本解決にはなりません。

 

・肌のくすみ

肌のくすみがある方は、必ずと言っていいほど体の冷えがあります。

肌のくすみは、血行不良によって起こります。

血流が悪いとターンオーバー(肌の新陳代謝)の周期も遅くなり、新しく若々しい皮膚になかなか生まれ変わりません。

 

体型が崩れる

・太りやすく痩せにくい

内臓は本来あるべき位置にあってこそ、正しくはたらいてくれます。

内臓下垂に陥ると代謝が悪くなり、以前と同じ量しか食べていなくても脂肪がつきやすくなります。

また、代謝が悪い状態を改善していないため、食事制限によるダイエットを行ったとしてもすぐにリバウンドする原因になります。

 

・下半身太り、ヒップが下がる

下半身が太く見える原因は、

むくみ皮下脂肪の2つです。

骨盤が歪むと、血行不良とともに老廃物を回収する役割があるリンパ管の流れも悪くなります。

老廃物を回収する作業が間に合っていないことで、むくみがでてきます。

むくみがある分、足が太く見えてしまうのです。

また、女性の皮下脂肪には冷えから身体を守る役割があります。

特に、子宮や卵巣がある骨盤の周囲は冷えが大敵です。

そのため、冷え性で自分自身で身体を温める力がない場合、外部からの冷えに対抗する必要があり、保温しようとして一生懸命にお尻の皮下脂肪を増やすのです。

また、重力で下がったお尻の脂肪は内腿に流れていきます。

 

皮下脂肪は必要な部分につくので、たとえ運動をして皮下脂肪を減らすことができたとしても、骨盤の歪みを整えて冷え症を改善しない限りは下半身太りの解消は困難です。

さらに、骨盤が開いた状態で歩くと、足にかかる重心は外側に偏りがちに。

つま先で地面を蹴らずに歩いてしまい、”ペタペタ歩き”になることが多く、靴の底は外側が擦り減る傾向があります。

このような歩き方を続けていると、太ももの一部の筋肉に負担がかかり太ももの前や外側が張り出してくるため、下半身がより一層太く見えてしまうのです。

 

・ポッコリお腹

内臓下垂になると、その分お腹が出るのはイメージしやすいかと思います。

骨盤が歪むことで反り腰になると、

「立っているときはお腹を前に突き出した姿勢

「座っているときは背中が丸くなった姿勢」

で過ごすことが多くなります。

どちらの状態でも、常に腹筋を使われていません。

腹筋の筋力が落ちることで腹圧が弱まり、さらに内臓を支える力も落ちてしまうのです。

また、筋力が落ちるということは骨盤や姿勢を維持する力も落ちることを意味します。

さらに骨盤が歪み、また筋力が落ち…という負の連鎖に陥りがちです。

 

 

・バストが下がる、小さく見える

猫背になると巻き肩(=肩が前に出ている状態)になります。

肩が前に出るということは、その分バストのボリュームが小さく見えてしまうのです。

また、姿勢が悪いと大胸筋(=胸にある大きな筋肉)が下がり、大胸筋の上に乗っているバストも一緒に垂れ下がります。

 

 

・二重顎や顔のたるみ

骨盤が歪むと姿勢が悪くなり、猫背になります。

猫背とは、頭が身体よりも前に出ている姿勢のことです。

普段から姿勢が悪く頭が前に出ているということは、首の前側は常にたるんだ状態です。

たるんでいるところには、さらに脂肪がつきやすくなります。

ためしに1度、顎を引いてみてください。

顎を引いた分、二重顎になりませんでしたか??

また、皮膚は全身一枚の皮でつながっているため、顎がたるむとともに顔の皮膚も引っ張られ顔のたるみにつながります。

 

姿勢を良くしていないと、首回りの脂肪はさらにつきやすくなり、

顔のたるみも進行しやすくなる一方です。

 

 

骨盤と妊娠・出産の密接な関係

骨盤は赤ちゃんを育てる子宮を守る

骨盤内にある子宮や膀胱、直腸を守ることは骨盤の大切な役割の一つです。

しかし、骨盤の歪みにより内臓の位置が変化したり骨盤の開きによる内臓下垂が起こったりすると、

子宮が圧迫されることで血流が悪くなります。

血行不良は冷えを招くため、生理痛生理不順を引き起こすこともあり、ひどい場合には不妊の要因となってしまうこともあります。

せっかく妊娠したとしても流産してしまう可能性も高くなるので、骨盤を整えておくことは、

赤ちゃんがすくすく育ちやすい環境づくりのためにも欠かせません。

 

 

骨盤はなぜ歪むの??

「そんなに大事な骨盤なら、元から歪まないようになっていればいいのに…」

と思いますよね。

ですが、身体の中心部分である骨盤がガチガチに固まっていると身動きが取れなくなってしまいます。

実は、骨盤の形は男女差もあり、特に女性の場合、妊娠や出産に備えて骨盤が開く必要があるため、男性よりも骨盤に開き・緩みがあります。

骨盤にある程度の可動性があるのには、きちんと理由があるのです。

「腸骨・坐骨・恥骨の3つの骨で構成されている寛骨(かんこつ)」と、後ろにある「仙骨」とその下にある「尾骨」の5つの骨から骨盤はできています。

複数の骨が組み合わさってできている骨盤は、傾く・捻れる・開くという複雑な歪み方をします。

 

 

実は、骨盤の状態は毎日変化し、全くない歪んでいない人はいません。

問題となるのは、この歪みが大きくなり過ぎた場合です。

歪みが大きくなりすぎると、自動修正が効かなくなります。

骨盤の歪みが過度に大きくなってしまうのは、

・姿勢が悪くなる

・骨盤を支える筋力が弱くなってくる

といった様々な要因が複合的に影響しているのです。

また、骨盤にくっついている筋肉は骨盤が歪むことで硬くなり、過度に緊張すると、さらに骨盤を歪ませる要因になります。

”鶏が先か卵が先か”と同じ問題ですが、骨盤の歪みがある場合には”骨盤を整えつつ筋肉の緊張を緩める”必要があります。

近年では、自力整体の方法もインターネットや本で調べることができます。

骨盤は複雑な歪み方をするため自力整体のみで矯正できる範囲には限りがありますが、何もケアしないよりは良いので、セルフケアとして取り入れることをオススメします。

 

背骨が左右に曲がってしまう側彎症(そくわんしょう)

と診断された場合にも、側弯に伴う筋肉の緊張がさらに骨盤を歪ませ、歪んだ骨盤はさらに側弯症を悪化させる要因となるため、進行防止のためには骨盤を整えるのが理想です。

 

 

骨盤を歪ませる生活習慣

 

このような生活習慣はありませんか??

 

・足を組む

・あぐらをかく

・お姉さん座り(横座り)をする

・あひる座りをする

・片方の肩に鞄をかける

・リュックを背負う

・腕組みをする

・片脚重心で立っている(片膝が軽く曲がっている)

・ハイヒールを履く

・真正面ではない位置でテレビを見ている

・寝転がって肘をついたままスマホを触っている

・うつ伏せで寝ている

・上向きでは寝れない

・高い枕で寝ている

 

当てはまる数が多いほど、骨盤の歪みがさらに進行する可能性が高くなります!!

 

日常生活を過ごしているときの姿勢の悪い癖や、仕事でとらざるを得ない無理な姿勢などによって、現代人は骨盤や背骨が歪みやすいのが現状です。

 

骨盤の歪みを整えるには??

骨盤の歪みを治すとともに、

・日常生活で姿勢を意識する

・骨盤を支える筋肉の状態を良好に保つ

といったことに注意し、歪む要因を取り除くことが重要です。

骨盤矯正は、一度行うだけでも今まで痛みが出ていた症状が劇的に改善することも珍しくありません。

しかし、「時間が経つとまた症状が出てくる」といった方もいらっしゃいます。

これは、骨盤が歪んでいた年数が長い方ほど多く見受けられます。

今までの悪い姿勢は、脳が記憶しています。

正しい位置に矯正したはずの骨盤がまた歪んだ状態に戻ってしまうのは、長年の癖によって脳が覚えてしまった悪い姿勢に戻ろうとするためです。

本来の正しい姿勢を脳が覚えることができるように矯正によって再び整え、きちんとした癖を身体につけること、筋肉をほぐし弾力性を維持することが必要不可欠です。

 

 

当院の施術方針

 

当院では、まず立っている状態で姿勢チェックを行い、骨盤が歪んでいないかどうかを調べます。

 

横から見たときに、

・耳の穴

・肩峰(=肩の真横の骨の出っ張った部分)

・大転子(太ももの付け根の横の出っ張った骨の部分)

・膝の皿の後ろ

・外くるぶしの前

が一直線上にあるのが正しい姿勢です。

 

・顎が上がっていないか

・肩が前に出ていないか(=巻き肩)

・腰が反っていないか(=反り腰)

がポイントになります。

 

前から見たときには、

・左右の肩、骨盤の高さが異なっていないか

・頭が左右どちらかに傾いていないか

がチェックするポイントです。

 

また、正面から見た気を付けの姿勢では、手の側面が見えるのが正常です。

手の甲が見える場合には巻き肩になっており、猫背である可能性が高いと言えます。

 

正しい姿勢とは、ニュートラルポジションと言われる力学的に重力に対して無理のない、効率の良い姿勢のことです。

そのため、正しい姿勢でいることはただ美しいだけでなく、疲れにくく痛みが出にくい状態なのです。

 

骨盤が歪んでいる場合には骨盤矯正を行い背骨や骨盤をもとの位置に戻すことで、身体全体のバランスを整えます。

また、骨盤の歪みを誘発する要因を取り除くために過度に緊張した筋肉を緩めるための筋肉治療と、日常生活での姿勢を改善するためのセルフケアの指導も行っていきます。


本来、人間の身体はとても強いものです。

土台である骨盤が正しい位置にあってはじめて背骨や内臓も本来あるべき場所に位置することができ、自然治癒力を引き出せます


痛みの原因を根本的に取り除き、早期回復を目指すためにも、骨盤矯正は必要です。

 

骨盤矯正をお考えのあなたへ

当院で行う矯正治療は、ボキボキしない”ソフトで優しい骨盤矯正”です。

体への負担が少ないので、女性やお子様にも安心して受けていただくことができます。

骨盤矯正を受けた患者様からは、

「辛かった腰痛や肩こりが、今はもう辛くない」

「以前は寝つきが悪かったけれど、熟睡できるようになった」

「薬なしでも、ちゃんと生理がきた」

「下半身が細くなってきて、ズボンのサイズが変わった」

「体幹が安定して、スポーツのパフォーマンスが上がった」

といった嬉しい声をいただいています。

骨盤を整えることは、

身体のありとあらゆる悩みを解決するための基盤となり得る

といっても過言ではありません。

もちろん、骨盤の歪み以外の要因があればそれも取り除かなければ悩みの解決には至らないでしょう。

それを一緒に探しだし、身体の悩みの改善ができるようにアドバイスもさせていただいております。

ただ治療するだけなら、どの整骨院でもできるでしょう。

 

しかし、たとえ治療することで痛みが改善されても、間違った生活習慣を続けていれば…??

 

もう大丈夫と思って通院をやめたら、どうなるでしょうか??

大切なのは治療中以外の時間の過ごし方です!

ストレッチや入浴方法といったセルフケア、食事、栄養、睡眠、運動の知識など、それらを含めたトータルケアを提供できるのが、当院です。

整骨院への通院を卒業できるように知識を出し惜しみすることなく治療させていただきます。

身体の不調にお悩みのある方は、実績のある当院にお任せくださいませ。

お客様の声

体が軽くなった!

お客様の声1の写真

だいぶ前から肩や腰が痛く常に重い感じがしていましたが、矯正治療を受けたら、驚くほどに体が楽になり軽くなりました! 今までだいぶ悪い状態で過ごしていたんだなと感じ、これからは矯正治療を続けて受けて、綺麗な姿勢が維持できる様に頑張ります! E.l様 40才代 会社員

腰痛で、毎日の家事が大変でした

お客様の声2の写真

初めは腰の痛みに骨盤の歪みが関係しているとは知りませんでした。 何度か矯正治療を受けると日に日に体が軽く楽になり、今では以前の様な大変さが無くなりました。 ワンワンママ様 30代 主婦

姿勢が楽になりました♪

お客様の声3の写真

前から姿勢は意識して過ごす様にしていましたが、中々意識し続けるのが難しくてつい、猫背になっていました。 数回ですが骨盤矯正を受けると姿勢が楽になりました! これからも続けて矯正治療を受けてもっと楽になれる様にしたいです! N.M様 30才代 事務

施術の流れ

  • お問い合わせ・ご予約

    1. お問い合わせ・ご予約

    お電話や受付でご予約をお取りください。

    できるだけお待たせしないように、予約優先制としております。

  • 問診

    2. 問診

    症状やお悩みを詳しく聞かせていただきます。

    お体の状態をしっかりと把握することで、症状の原因をつきとめ根本改善できるようにいたします。

  • 施術

    3. 施術

    症状に合わせた施術を行います。

    問診をしっかり行うことで、お身体に余計な負担をかけずに症状を改善することができます。

  • 施術

    4. 今後の説明

    今後の施術方針などを丁寧に説明させていただきます。

    分からないことがあれば、何でもご相談ください。

  • お問い合わせ・ご予約

    5. 次回のご予約

    お帰りの際に次回のご予約をしていだたいてます。

    ご予定が分からない場合は、後日お電話などでご予約いただければ大丈夫です。

当院のご案内・アクセス

院名
大阪西区針灸整骨院
住所
〒550-0014
大阪市西区北堀江2-1-2
電話番号
06-6539-0117

アクセス方法

  • 長堀鶴見緑地線「西大橋」駅3番出口を出てすぐ
  • 御堂筋線・四ツ橋線「四ツ橋」駅から徒歩4分
  • 千日前線「西長堀」駅から徒歩7分

診療時間・定休日

 
9:00~13:00
16:00~20:00 ×
休診日:日・祝

ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡ください

LINEお問い合わせの流れ・無料相談について

LINE友だち追加

初回限定キャンペーン

ページトップに戻る

LINEで予約
電話をかける